Artist
and
Architect

Jp
En

am

7:00

Welcome to OKAYAMA.
Welcome to A & A.

Enter

Stay in art,
Play in our local.

A&Aへようこそ
A&Aは1人のArtistと1人の
Architectが
共に創り上げた、
ひとつの作品のようなホテルです。


皆さまは、その作品の中に入り込み、
溶け合い、新しい視点を持って岡山というローカルに触れることができます。


いつもとは違った、
新しいローカル体験を
お楽しみください

stay at...

JONATHAN HASEGAWA
  • JONATHAN MONK

  • GO HASEGAWA & ASSOCIATES

時間の経過とともに
恍惚な光と陰影で魅せる
非日常の空間

Artist

JONATHAN MONK

1969年レスター(イギリス)生まれ。現在はベルリンにて制作活動。 1988年レスター・ポリテクニック(現デュ・モントフォート大学)卒業、1991年グラスゴー美術大学卒業。モンクは「完全なオリジナル」を制作することはほぼ不可能であるという考えのもと、一貫して模倣という手法を制作に取り入れてきた。美術の模倣が美術を生むという、美術の生成過程そのものをテーマにする作風で知られる。近年はパリ市立近代美術館(パリ)、Pinakothek der Moderne(ミュンヘン)、をはじめ国内外で多数展覧会を開催。

Architect

GO HASEGAWA & ASSOCIATES

1977年埼玉県生まれ。東京工業大学工学部卒業、同大学大学院修士課程修了。2005年に西沢大良建築設計事務所を経て独立。2005年 SD Review 鹿島賞、2008年新建築賞など受賞歴多数。2015年に同大学院博士課程修了(工学博士)。 ハーバード大学デザイン大学院、カルフォルニア大学ロサンゼルス校、メンドリジオ建築アカデミーで客員教授を歴任。主著に『考えること、建築すること、生きること』(LIXIL出版、2011)『a+u 556 』(株式会社エー・アンド・ユー発行、2017)など。
https://ghaa.co.jp/
LIAM FUJI
  • LIAM GILLICK

  • MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

数式に誘われ
迷いと温もりに身を委ねる
穏やかな時間

Artist

LIAM GILLICK

ニューヨークにて制作、活動。ギリックの作品は、グローバリゼーションやネオリベラルの合意性を枠組みとした場合の、抽象化と建築の視点におけるモダニズムの遺産の機能不全な側面を明るみにする。そして、一つの形式としての展覧会についての構造的な再考というものに敷衍していく。第53 回ヴェニス・ビエンナーレにドイツ館代表作家として参加した他、第 10 回ドクメンタ、ベルリン・ビエンナーレ、イスタンブール・ビエンナーレなど重要な国際展に多数参加。シカゴ現代美術館、ニューヨーク近代美術館、テートモダンなどで個展を開催。ポンピドゥセンター、グッゲンハイム美術館、ニューヨーク近代美術館など、著名美術館でのパブリックコレクションも多数。

Architect

MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOは2004年に原田真宏と原田麻魚によって設立された設計事務所。建築デザインを中心としながら、東北震災の復興都市計画や、伝統技術を生かしたプロダクトデザインまでスケール横断的なデザイン活動を繰り広げている。その理念に留まらない建築的「質」の高さに定評があり、ほぼ全ての作品が国内外の賞を受賞するなど、世界的な高い評価を受けている。 代表作に〈XXXX〉、〈Tree house〉、〈PLUS〉、〈海辺の家〉などの住宅、集合住宅〈Seto〉、教育施設〈知立アフタースクール〉、〈道の駅ましこ〉、〈TRUNK(HOTEL)CAT STREET〉など。 LEAF AWARDS (2010及び2014)部門最高賞、JIA 日本建築大賞、JIA新人賞、BCS賞、AACA芦原義信賞、SD Review鹿島賞、RECORD HOUSES 2010、Design Vanguard2009、富士山世界遺産センター公募型プロポーザル2等、 その他、国内外での受賞多数。
http://www.fuji-studio.jp/
OKAYAMA CITY

瀬戸内の玄関口、岡山。
瀬戸内の美しい島々や、倉敷には日本初の私立美術館である大原美術館があり、国内でも稀にみる、文化資源豊富な地域。
都市としての賑わいと、地元ならではの空気感に溶け込める、
穏やかな時間が流れています。

  • JONATHAN HASEGAWA

    9-2-1 Tenjinmachi, Kita-ku,
    Okayama City,
    Okayama Prefecture

  • LIAM FUJI

    1-6-7-1 Izushi-cho, Kita-ku,
    Okayama City,
    Okayama Prefecture

ABOUT A&A

公益財団法人 石川文化振興財団は、岡山の芸術文化振興および地域の活性化を目的としたプロジェクト「A&A」を発表いたします。

このプロジェクトは、約20年かけて岡山市内の歴史文化ゾーンおよびその周辺に、世界的に活躍する現代アート作家と日本人建築家がタッグを組んでデザインした宿泊施設を岡山に誕生させていくもので、宿泊施設(作品)に滞在することでアートを体験してもらい、芸術への理解促進と芸術を楽しめる滞在型都市岡山への発展を目指します。

A&Aはディレクターにギャラリストの那須太郎氏(TARO NASU代表)、アドバイザーに建築家の青木淳氏(青木淳建築計画事務所)を迎え、当財団理事長の石川康晴がプロデューサーを務めます。

岡山は瀬戸内の玄関口であり、3 年に 1 回の開催をめざす「岡山芸術交流」の舞台でもあります。アートの島として世界的に注目される直島を中心とした瀬戸内の島々や、倉敷の大原美術館などにも近く、国内でもまれに見る文化資源の豊富な地域です。また日本近代建築において重要な位置を占める前川國男氏設計による岡山県庁や、林原美術館等をはじめとした、名建築が数多く残る土地でもあります。

宿泊施設を「アート作品」として体験してもらうために、宿泊施設は1日1組を対象とした一軒家サイズです。

通過点としてではなく、岡山に滞在してもらうことで岡山の魅力をより深く知ってもらい、岡山滞在のリピーター増加につなげます。

TEAM
  • 石川 康晴

    プロデューサー

    公益財団法人石川文化振興財団 理事長

    2011年からコンセプチュアルアートを中心に現代アートのコレクションを開始。2014年には公益財団法人石川文化振興財団を設立。2019年秋に第2回目が開催された国際展「岡山芸術交流」では第1回に引き続き総合プロデューサーを務めた。地元岡山の文化や経済振興にも取り組んでいる。

    www.ishikawafoundation.org

  • 那須 太郎

    プロジェクト ディレクター

    TARO NASU 代表

    1966年岡山市生まれ。1990年早稲田大学卒業。 天満屋美術部勤務を経て、1998年東京にて現代美術画廊TARO NASUを開廊、現在に至る。2016年、アートコンサルティングを主な事業とするアート&パブリック株式会社を設立。「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」(2014)ではアートアドバイザリーを、「岡山芸術交流 2016」及び「岡山芸術交流 2019」では総合ディレクターを務めるなど、国内外の美術館や公共機関との協働多数。

    www.taronasugallery.com

  • 青木 淳

    アドバイザー

    株式会社青木淳建築計画事務所 代表取締役
    京都市京セラ美術館 館長
    東京芸術大学 客員教授

    1966年岡山市生まれ。1990年早稲田大学卒業。 天満屋美術部勤務を経て、1998年東京にて現代美術画廊TARO NASUを開廊、現在に至る。2016年、アートコンサルティングを主な事業とするアート&パブリック株式会社を設立。「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」(2014)ではアートアドバイザリーを、「岡山芸術交流 2016」及び「岡山芸術交流 2019」では総合ディレクターを務めるなど、国内外の美術館や公共機関との協働多数。

    www.aokijun.com

MESSAGE

公共彫刻(パブリックアート)の可能性とはなにか、屋外展示の限界とはなにかについて近年ずっと考えてきました。

ホワイトキューブからとびだして街のなかに置かれた美術作品がその意味と存在感を保つためにはなにが必要なのか、その意味と存在感は機能という概念といかに関わっているのか、そもそもこの問いかけそのものに意味があるのか、そんなことを模索するなかで生まれたアイデアのひとつが、このA&Aというプロジェクトです。

美術作家による巨大な彫刻であると同時に建築家による建築であり、鑑賞対象であると同時に体験可能な機能として成立するもの。

そのような存在として小さな宿泊施設を作ってみたい、そして彫刻作品を並べるように岡山市内に点在させてみたいと思ったのです。

那須 太郎、プロジェクト ディレクター